Hotel Principe di Fitalia Syracuse - hotels Syracuse - hotel Syracuse - hotels in Syracuse - 4 four star hotel Syracuse - hotels

 

 

オテル・プリンチペ・ディ・フィタリア は、シラクサのホテルや歴史の古い高級レジデンスホテルの建ち並ぶ、静かな郊外の恵まれた立地条件にございます。プレムミリウム海洋自然保護区の海岸からわずか800メートル、 シラクサの旧市街の中心、オルティジアから4 kmという場所に位置しています。
周囲を自然と豊富な緑に囲まれ、澄み切った水の打ち寄せる海岸やオルティジアの名所旧跡からもわずか数分の場所にございます。海辺での休暇を堪能し、シラクサの芸術と自然の美しさを発見するのに、シラクサの4星ホテル、オテル・プリンチペ・ディ・フィタリアほど適した場所はないと言っても過言ではありません。
当ホテルは重要な国際的イベントが毎年開催されているフィエラ・デル・スッドからもわずか10 kmの場所にございます。恵まれた環境と質の高いサービスを備えるオテル・プリンチペ・ディ・フィタリアは、ご出張の拠点としても最適です。

アクセス

PDF 形式のマップを印刷する

PDF ファイルを読み込めない場合は、 Acrobat Readerをダウンロードしてください。


飛行機をご利用の場合
オテル・プリンチペ・ディ・フィタリアの最寄りの空港、カターニア・フォンタナロッサ国際空港は、ホテルから 65 kmの場所にございます。 公共の交通機関を利用してホテルに向う場合は、Interbusの路線バスでシラクサ中央駅で降り、その後、タクシーでオテル・プリンチペ・ディ・フィタリアまでお越しください(10 km)。
当ホテルにご宿泊のお客様は、カターニア空港またはシラクサの鉄道駅から当ホテル専用のリムジンサービス(予約制)をご利用いただけます。

電車をご利用の場合
シラクサ中央駅からオテル・プリンチペ・ディ・フィタリアまではタクシーでお越しください(10 km)。
当ホテルにご宿泊のお客様は、ホテルまでの専用リムジンをご予約いただけます。

お車をご利用の場合
シラクサ到着後、Avola – Notoの表示に従って進んでください。Viale Paolo Orsiの終点から、国道 SS 115でAvola方面に向います。4 km直進した後、2番目のQ8ガソリンスタンドのすぐ後で左折し、左側の県道SP 58 (Strada Capo Murro di Porco)に入ってください。ロータリーを通り過ぎて2本目の道を右折し、直後に左折します。400メートルほど直進するとオテル・プリンチペ・ディ・フィタリアに到着します。

Syracuse hotel

プレムミリオ自然保護地区

「プレムミリウムの水色の岸辺の目の前。そこにはかつてオルティジアの地と呼ばれた島があり…」

ウェルギリウス、アエネーイス、第三巻より

オテル・プリンチペ・ディ・フィタリア 滞在中にお楽しみいただけるエクスカーションの1つに、プレムミリオ海洋自然保護区がございます。
ウェルギリウスによる引用にあるように、古代オルティジアに近い神話上の村プレムミリウムに因んで名づけられたマリンパークで、マッダレーナ半島の海岸や浅瀬 7 kmに渡って建てられています。また、先史時代はもちろん、ギリシャ時代やローマ時代にさかのぼる数々の考古学的発見で有名な場所としても知られています。
マリンパークの海と自然はすばらしい魅力に溢れています。入り江や小さな湾が連なる海岸には、洞窟や海中洞窟があちこちに散在し、その澄み切った水中には 珍しい海洋生物が豊富に生息しています。 考古学的発見物が展示された浅瀬の美しさにも目を見張るものがあります。ヤシの木やウチワサボテンで彩られた海岸の景観も類まれなものです。
オテル・プリンチペ・ディ・フィタリアのフロントでは、当公園の見学や、海辺の貴重な宝物を楽しめるガイド付き見学(または自由見学)に必要なあらゆる情報を提供しています。
また、オテル・プリンチペ・ディ・フィタリアは、エトナ山、タオルミーナ、ノート、ラグーザ・イブラなどを訪れるのにも最適な場所にございます。

オルティジア

シラクサおよびギリシャ時代のシラコの中心地であったオルティジアまでは、オテル・プリンチペ・ディ・フィタリアがご宿泊のお客様に提供しているシャトルバスでわずか10分の距離にございます。アポロ神殿、 15世紀の見事な宮殿の建ち並ぶ アルキメデス広場、ギリシャ神殿の遺跡の上に建てられた堂々としたバロック建築のドゥオーモ広場 などの威厳のある美しさをご堪能ください。ニンフのアレトゥーザとアルペイオスの神話にまつわるアレトゥーザの泉も必見です。ここには、ヤシとパピルスで彩られた魅力的な水盤から新鮮な水が今日も昏々と湧き出ています。スワビア王家のフェデリーコ2世の命で建てられた マニアーチェ城も、壮麗な中世建築の一例として見ごたえがあります。